デザインのマイルール 1

文字のサイズ、罫線の太さ、ドロップシャドウの濃さ・距離・ボカシ具合などなど、
0.5mm、1mmの差でデザインの見え方は全く異なります。
その中でも取り分け微妙な差でダサさを感じてしまうのは角丸ではないでしょうか。
個人的な好みで言うと、角丸は少々苦手。
そのため、どのサイズがベストなのか毎回調整した結果、角丸の基準ができました。

3mmを角丸のマックス値にして、全体のデザインに合わせて調整しています。
ちなみに個人的な好みは1mm。さりげなくRがついている感じが良いと思っています。
0.5mmか1mmで迷うことが多いですが、ストイックに行くときは0.5mmですね。

「微妙な違いなら角丸なんて使わなければ良いのでは?」と思われるかもしれませんが、
0mmと0.5mmで印象は異なります。
印刷物で例えると、厚紙の角をRにしないと、ちょっとした武器になりますし。
最近趣味で、厚紙に活版印刷を施した90mm×90mmのコースターを作りましたが、
敢えて角をRにせず武器にしました。

デザインをするにあたって、マイルールがあると制作もサクサク進みます。
今後も、いくつかマイルールをご紹介していきたいと思います。

月別の一覧

2021年

2020年